全国で感染するインフルエンザと安静する判断の大切さ

インフルエンザはシーズンになると全国的に感染が拡大してしまう感染症です。全国で同じ型のインフルエンザウイルスによる感染が広がるというのが特徴的であり、いかに人から人へうつって拡散していってしまいやすいかが象徴されているとも言えます。インフルエンザは飛沫感染と接触感染が主な感染経路であるため、ウイルスを持っている人が移動して新たに他の人と接触することによってリレー式に感染を拡大していくことになります。そのため、ウイルスのキャリアが必ず自宅で安静にしていれば全国規模で感染が拡大するというリスクはほとんどなくなります。しかし、実際には安静にしなければならないという判断をした頃には時既に遅しであったり、安静にしていなくて良いと考えた時にはまだウイルスのキャリアであったりするというのが問題となり、知らず知らずのうちにキャリアが感染を拡大させてしまっているのが実情です。インフルエンザウイルス感染には潜伏期間があり、感染してから発症するまで一日程度の時間がかかります。また、免疫力によってインフルエンザウイルスを減らすと症状が緩和しますが、高熱などの症状が治まってからも一日から二日は身体の中に多くのインフルエンザウイルスを抱えている状況が続きます。こういった自覚症状のない期間に他の人と接触することによって感染が拡大してしまうことがあるのが大きな問題となります。特に感染に対する抵抗力が低い子供や高齢者が集まる学校や福祉施設などにそういったキャリアが訪れると瞬く間に感染が広がってしまう事になって集団感染が生じます。そして、出張が多い人に感染すると各地にウイルスを運ぶことになり、全国にウイルスが拡散することになってしまうのです。