看護師を介すインフルエンザの集団感染を防止する動き

インフルエンザは冬の時期になると至る所で感染が起こってしまい、社会的な問題として取り上げられることもよくあります。特にニュースや新聞などの報道であ取り上げられやすいのが集団感染です。学校や介護施設、病院といった子供や高齢者、患者といった体力や免疫力があまりなく、感染リスクの高い人が集まる場所では、インフルエンザウイルスのキャリアが施設内に現れると瞬く間に広がってしまうことがよくあるのです。加湿器を使ったり、空気清浄機を使ったりしてできる限り良い環境を作ろうとしている施設も多いものの、それでもなお流行してしまいやすいのがこういった施設です。感染してしまう人が多い環境で仕事をしている人もまたインフルエンザにかかってしまう可能性が高いものです。看護師や介護施設でも病院でも働くことからリスクが高い職業の一つになっています。しかし、看護師のように介護施設や病院で働く人材がインフルエンザの流行時期こそ必要であり、看護師を守ろうという社会的な動きもあります。予防接種について雇用者側が費用を全額又は一部負担して実施することも多くなってきました。また、抗インフルエンザ薬の予防投与を保険適用で行うことができたり、その支給が職場で行われたりするようになっています。高齢者や患者から看護師が感染し、その看護師が別の高齢者や患者にうつしてしまうという状況ができてしまうと施設側も責任問題が生じるからであり、こういった形で現場で仕事をする人を守るように世の中が動いてきています。インフルエンザの集団感染を防ぐためには一人でもキャリアを減らすことも重要な観点であり、働き手をまずはインフルエンザから守ることで利用者全員を守ることになるのです。