ウイルスをブロックしインフルエンザの発熱期間を短く

インフルエンザ治療に用いられる薬は長い間有効性が高いものがありませんでした。しかし、ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれる種類の治療薬が市場に登場したことによって、インフルエンザ治療が可能な状態になったことは世の中を湧かせたニュースでした。ノイラミニダーゼ阻害薬がインフルエンザ治療に有効であるのは、インフルエンザウイルスが持っているノイラミニダーゼという酵素を治療薬がブロックすることによってウイルスの増殖を抑制できるからです。ノイラミニダーゼはウイルスが感染した細胞から出て行く際に必要となる酵素であり、それをブロックすることによって感染した細胞から外に出られなくなります。すると、別の細胞に感染してまた増殖するということができなくなるのです。ノイラミニダーゼのブロックによって増殖抑制をするというメカニズムが有効なのは、インフルエンザウイルスに感染してウイルスが増殖を行っている間であり、発熱期間の中でも初期に限られます。そのため、発熱期間が始まってから48時間以内に使用を始めるということが有効性を得るために必要であるとされています。発熱期間は通常は4日から5日程度のことが多いですが、その期間を3日程度まで短くすることができるのがノイラミニダーゼ阻害薬の効果であり、苦しい発熱期間を1日か2日程度短くできるということで多くの人が利用するようになっています。同じメカニズムで治療効果を発揮するノイラミニダーゼ阻害薬が数種類開発されており、一つの治療薬に耐性ウイルスがあっても他の治療薬を試すということができるようになってきました。今後も開発が進むことによって治療のための選択肢が増えていくと期待されます。